NY外為:ドルが下落、経済データ低調で利上げ観測が後退

更新日時

21日のニューヨーク外国為替市場では、ドル が下落。低調な経済指標を受けてドルの需要が後退した。前日公表され た米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録は、ドル強気派に特に明る い材料を与えなかった。

ドルは対ユーロでは4日ぶりに下落。中古住宅販売と新規失業保険 申請が市場予想より悪かったことを受けた。ドルはこの日、主要通貨の 大半に対して値下がりした。FOMC議事録では、当局者が6月の会合 での利上げの公算は小さいと判断する一方、年内の引き締め開始の選択 肢を維持していることが示された。

バークレイズの通貨ストラテジスト、アループ・チャタジー氏(ニ ューヨーク在勤)は「データは強弱まちまちだ」とし、「FOMC議事 録は6月利上げの雰囲気ではないことを明らかに示唆しているが、年内 どこかの時点で引き締めたいとは考えている」と続けた。また米経済の 見通しは、なお「非常に堅調だ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比0.2%安 の1ユーロ=1.1112ドル。前日は1.1062ドルと、4月29日以来の高値を 付けた。

対円では0.3%下げて1ドル=121円04銭。6営業日ぶりに下げた。

ドル指数は、先週付けた4カ月ぶり安値付近から20日までに1.9% 上昇していた。

経済指標

ただこの日の経済データが予想より悪かったことも影響し、この上 昇の勢いが止まった。4月の米中古住宅販売は予想外に減少し、16日に 終了した週の新規失業保険申請件数は増加した。22日には4月の消費者 物価指数(CPI)が発表される。ブルームバーグがアナリスト47人を 対象に実施した調査の中央値では、食品とエネルギーを除くコアCPI が前年比1.7%上昇と、前月からの伸び鈍化が見込まれている。

ユーロ圏では5月の製造業・サービス業活動の拡大が示され、ユー ロにとっては支援材料となった。

チャプデレーン(ニューヨーク)の為替責任者、ダグラス・ボース ウィック氏は「経済データの点で言えば予断を許さない状況といえる。 市場は恐らく、ここ数年よりも注意深くデータに目を向けているだろ う」と指摘。「現時点では、6月利上げの可能性はほぼなくなってい る」と加えた。

FOMC議事録では、利上げ開始の議論を進めるに当たり、入手す る経済データを精査する方針が示された。

みずほ銀行のストラテジスト、シリーン・ハラジュリ氏(ニューヨ ーク在勤)は「議事録から一つ言えるのは、データがますます重要にな ってくるということだ」とし、「先行きに関するデータは引き続き弱さ を示している。よって、ドルに対しては向こう数週間、下振れ圧力が続 くと考えられる」と述べた。

原題:Dollar Falls as Weak Economic Data Erode Bets on Fed Rate Hike(抜粋)

--取材協力:Chikako Mogi、Anooja Debnath.