インドネシア格付け見通し、「ポジティブ」に引き上げ-S&P

米スタンダード・アンド・プアーズ (S& P)は21日、インドネシアの信用格付け見通し(アウトルック) を 「ポジティブ(強含み)」とし、これまでの「ステーブル(安定的)」 から引き上げた。1年以内に投資適格級に格上げされる可能性がある。

S&Pの発表資料によれば、インドネシアの格付けは「BB+」に 据え置かれた。これはロシアやハンガリーと同水準。

S&Pは「政策の効果と予見性が高まったことで財政と準備高に一 段の余裕ができ、インドネシアの対外的な抵抗力が改善された」と説 明。ポジティブな格付け見通しは「歳出の質改善という目標を政府が達 成すれば、向こう12カ月以内にインドネシアの格付けを引き上げる可能 性を反映している」と続けた。

原題:Indonesia’s Outlook Changed to Positive From Stable at S&P (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE