5月のユーロ圏総合PMI、2カ月連続低下-ドイツ勢い弱まる

更新日時

ユーロ圏では5月の製造業・サービス業活動 の拡大ペースが2カ月連続で鈍化した。ドイツ経済が成長の勢いを失っ たことが影響した。

英マークイット・エコノミクスが21日発表したユーロ圏の製造業と サービス業を合わせた総合購買担当者指数(PMI)速報値は53.4と、 前月の53.9から低下。3月は54だった。活動拡大・縮小の分かれ目であ る50は上回っているものの、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予 想(53.9)には届かなかった。ドイツの総合PMIは52.8と、4月 の54.1から低下した。

ユーロ圏成長率は1-3月(第1四半期)に0.4%に加速。マーク イットは調査結果は4-6月(第2四半期)も同ペースの成長達成を示 唆していると指摘した。しかし中国の製造業が低調なままで世界需要は 減退の兆候を示しており、欧州中央銀行(ECB)の刺激策やユーロ安 の恩恵があっても域内経済の回復はまだ確実ではない。

マークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は 「ユーロ圏は5月に回復の力強さをやや失った」とし、「減速の度合い は現時点では大きな懸念ではないが、量的緩和(QE)が域内に必要な 万能薬であることを示す兆候を待っているECBの当局者にとって、間 違いなく幾分の不安を感じさせるものだろう」と語った。

マークイットによれば、5月のユーロ圏サービス業PMI速報値 は53.3と、前月の54.1を下回った。ユーロ圏製造業PMIは52.3(4月 は52.0)に上昇した。

原題:Euro-Area Recovery Stutters as German Growth Loses Momentum (1)(抜粋) Eurozone May Flash Services PMI: Summary(抜粋) Eurozone May Flash Manufacturing PMI: Summary(抜粋)