中国株:上海総合指数、約7年ぶり高値-追加刺激策の観測で

更新日時

21日の中国株式市場では、上海総合指数が約 7年ぶりの高値に上昇。中国の製造業活動を測る5月の民間指標が3カ 月連続で活動縮小を示し、政府が景気刺激の取り組みを強化するとの観 測が強まった。

中国遠洋(チャイナ・コスコ・ホールディグス、601919 CH)と中 海発展(600026 CH)は共に10%の値幅制限いっぱい上昇。両社はシン ガポールで合弁企業を設立する計画を発表した。通信機器メーカー、烽 火通信科技(600498 CH)は2.2%高。ブロードバンド通信網の構築を加 速すると発表した政府の方針を好感した。

香港市場では資産家の潘蘇通氏率いる高銀地産(283 HK)と高銀金 融(集団、530 HK)がいずれも上場来の大幅な下げとなった。

上海総合指数は前日比1.9%高の4529.42と、2008年2月以来の高値 で終了した。CSI300指数は1.8%高。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「統計が悪ければ悪いほ ど、追加刺激策が講じられるとの観測が強まる」と指摘。「景気は当分 上向かないというのが市場のコンセンサスで、このため経済統計の影響 はそれほど大きくない」と述べた。

香港市場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が前日比0.7%安、ハンセン指数は0.2%安で引けた。

原題:China Stocks Advance to Seven-Year High on Stimulus Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE