フライドポテトなど揚げ物値上がりか-カナダの菜種農地乾燥

揚げ物好きの人には気になるニュースだ。フ ライドポテトやポテトチップ、鶏肉を香ばしく黄金色に揚げるのに欠か せない油糧種子の一つの生産が落ち込む可能性が高まっている。

カナダの大平原諸州は、ファストフードチェーンのマクドナルドや KFC、タコ・ベル、スナック菓子メーカーのフリトレーなどで利用さ れる植物油の原料となるキャノーラ種菜種の世界最大の産地だ。今年は 乾燥天候の影響で土壌がコンクリートのように固くなり作付けが困難に なっており、生産は2年連続で減少する恐れがある。

キャノーラ種菜種を栽培するエリック・マクピークさん(30)はサ スカチワン州コロナックにある広さ4100エーカーの農場から電話取材に 応じ「さっぱり雨が降らない」と語る。キャノーラ種菜種のほかデュラ ム小麦、ヒヨコマメ、レンズマメを栽培する農地は、2010年以降で最も 固くなっているという。

カナダでは昨年、春季に降雨量が多過ぎて作付けが遅れた。今年は 一転して降雨が不足し、キャノーラ種菜種栽培は困難な状況に陥ってい る。キャノーラ種菜種価格は昨年9月に付けた4年ぶりの安値から18% 上げている。世界の在庫が過去最高に達し弱気相場に入っていた価格 は、北米の天候不良の影響で今月上昇に転じた。

原題:Deep-Frying Anything Gets More Expensive as Canada Soil Goes Dry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE