バークレイズの棄却請求退ける-電力取引の制裁金めぐり米地裁

英銀バークレイズが電力市場の取引を操作し たとして米当局が同行を相手取り起こした制裁金4億8800万ドル (約590億円)の支払いの強制執行を要求する訴訟で、米連邦地裁は訴 えの棄却を求めるバークレイズの申し立てを退けた。

カリフォルニア州サクラメントの連邦地裁のトロイ・ナンリー判事 は、「米連邦エネルギー規制委員会(FERC)は市場操作の主張を裏 付けるのに十分な事実に基づく法的根拠を提示した」との判断を示し た。

FERCは2013年7月、バークレイズに制裁金支払いを命じた。バ ークレイズはFERCに商品先物をめぐる規制権限はなく、同行が問題 の取引で電力の受け渡しを行っていないため、FERCの主張は成立し ないとの見解を示した。

バークレイズが60日以内に制裁金を支払わなかったことから、 FERCは13年10月に同行を提訴。バークレイズは不正行為を否定し、 判事が制裁金を承認するよりも前に、証拠を提出して抗弁することが認 められるべきだと主張した。

バークレイズの広報担当ケリー・コーエン氏は、今回の判断につい てこれまでのところコメントしていない。

原題:Barclays Must Face FERC Lawsuit Over $488 Million Fine (3) (抜粋)