米ヤフーのアリババ持ち株スピンオフに暗雲-IRSの動きで

米ヤフーによるアリババ・グループ・ホール ディングの保有株のスピンオフ計画に対して米内国歳入庁(IRS)が 検討中の規則変更が及ぼし得る影響について、投資家には懸念すべき理 由があると税制専門の弁護士らは指摘する。

ヤフーは今年1月、保有するアリババ株(当時の価値で約400億ド ル=約4兆8500億円相当)をスピンオフを通じて手放す計画を明らかに した。米企業が保有する別会社の株式を現金で売り渡した場合、通常は 約35%の連邦税が課せられる。

ヤフーのスピンオフ計画では、中国の電子商取引会社であるアリバ バの株式を新会社に移管し、この会社の株式を既存のヤフー株主に分配 する。こうした複雑な仕組みにより、非課税扱いを確保できると期待し ている。ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)によれば、こうし た手法を用いることで最大160億ドルの節税になる。

IRS当局者のアイザック・ジンバリスト氏は19日、企業の他の資 産よりも規模が小さい事業のスピンオフの扱いについて、規則の変更を 検討していることを明らかにした。

クリアリー・ゴットリーブ・スティーン・アンド・ハミルトン(ニ ューヨーク)のパートナー、ジェイソン・ファクター氏は、IRSによ る規則変更の可能性は「ヤフーの計画に間違いなく影響する」と指摘。 「ヤフーの計画を念頭に置いた、完全に意図的なものではないとは想像 できない」と述べた。

ヤフー株は前日比4.4%高の42.79ドルで20日の取引を終えた。19日 には7.6%下落していた。

原題:Yahoo’s Tax-Free Plans for Alibaba Stake Clouded by IRS (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE