ゴーン氏がインドで2度目の挑戦、仏ルノーが低価格車発表

仏自動車メーカー、ルノーはインドに低価格 の新型ハッチバックを投入しマルチ・スズキの「アルト」の支配に挑戦 する。提携先の日産自動車がつまずいている市場で成功を目指す。

ルノーが20日に発表したコンパクトカー「Kwid」は価格が30万 ルピー(約57万円)から。同社のカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任 者(CEO)がインドのチェンナイで明らかにした。ゴーン氏は9月に 発売するがKwidがルノーのインドでの成長に大きく貢献するとの見 通しを示した。

ゴーン氏がCEOを務める日産も昨年、インドで「ダットサン」ブ ランドの新型車「GO」を発売したが、同国でのその後の販売は約1 万6000台(インド自動車工業会調べ)と、アルトの1カ月の販売台数よ りも少ない。ルノーはKwid投入を通じ、2016年末までにインド市場 シェアを5%と、3月までの1年間の1.7%から引き上げを目指す。

IHSオートモーティブのプリンシパルアナリスト、アミット・カ ウシク氏は「この分野は価格に極めて敏感だ」と述べ、「ルノーは強力 な販売網やこの分野の売り上げの大部分を占める地方への進出がない中 で、極めて難しい状況になろう」と指摘した。

原題:Ghosn Gives Cheap Car Strategy Another Go After Datsun’s Stumble(抜粋)