英バーバリー:15年3月期は1%減益、一部市場で不確実性

英高級品メーカー、バーバリー・グループ の2015年3月期決算は1%減益となった。ポンド高と香港での販売低迷 が利益率の重しとなった。

20日の同社発表によると、調整後税引き前利益は4億5580万ポンド (約854億円)。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は4 億5190万ポンドだった。為替変動の影響を除くと利益は7%増加した。

香港の売上高減少でアジアでの伸びが損なわれる中で、欧米の好調 な国内・旅行者需要が頼りとなっている。為替変動で年間利益から3800 万ポンドが失われた。ポンドはここ1年でユーロに対して13%上昇し、 対円では10%上げた。

クリストファー・ベイリー最高経営責任者(CEO)は発表資料 で、「一部の市場で不確実性の高まりが見られる」と指摘した。同社は 為替変動を理由に今期の利益見通しを引き下げた。

原題:Burberry Sees Increased Uncertainty as Annual Profit Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE