バークレイズ139億円支払いで米と合意-ISDAFIXで処分

英銀バークレイズは、国際的な金利スワップ の指標であるISDAFIXレートの操作を試みたとの疑惑をめぐり、 米商品先物取引委員会(CFTC)に1億1500万ドル(約139億円)の 制裁金を支払うことに同意した。公表から2年を経て調査に幕が引かれ る。

ISDAFIXレートは、想定元本381兆ドル相当の金利スワップ の価値や借り入れコストを確定するため、銀行や企業の財務担当者、資 金運用担当者らが利用する金利スワップの指標金利。CFTCの20日の 発表によれば、同レートをめぐって行政処分の対象となる銀行はバーク レイズが初めて。同行はさらなる違反を防ぎ、スワップ市場操作の新た な試みを事前に発見・防止するための是正措置を導入するよう命じられ た。

バークレイズのアントニー・ジェンキンス最高経営責任者 (CEO)は「関係する個人への適切な懲戒処分を含めてこれらの問題 に対処することは、バークレイズを改革するわれわれのプランの必要か つ重要な部分であり、主要な優先課題であり続ける」とコメントした。 同行はCFTCの結論について同意も否定もせず、処分に応じた。

ISDAFIX操作に関連し、銀行を相手取って起こされた民事訴 訟のコンサルタントを務めるニューヨーク大学スターン経営大学院のロ ーザ・アブランテスメッツ非常勤教授は、「バークレイズが最初の銀行 ということだけだ。銀行間の共謀が実際に起きた可能性を詳しく調べた が、経験的証拠がそれを裏付けている」と指摘した。

原題:Barclays to Pay $115 Million to Settle ISDAfix Manipulation (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE