欧州株:3日続伸、3週ぶり高値更新-銀行、電気通信銘柄高い

20日の欧州株式市場では指標のストックス欧 州600指数が3日続伸し、3週間ぶり高値を付けた。電気通信銘柄と銀 行株の上げが目立った。

アルティスは12%急伸。英携帯電話のボーダフォン・グループ は5.4%上昇。米ケーブルテレビ(CATV)会社リバティ・グローバ ルのジョン・マローン会長が同社の欧州事業とボーダフォンは「相性が 合う」だろうと述べたことが買い材料。銀行株では、スイスのUBSグ ループが3.2%、英バークレイズが3.4%それぞれ上げた。市場操作をめ ぐる捜査を決着させるため、有罪を認め罰金を支払うことで当局と合意 したことがきっかけ。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.4%高の406.42で終了。一 時は0.3%下げた。前日は1.7%上昇したが、これは欧州中央銀行 (ECB)のクーレ理事が5、6月に国債購入を加速すると述べてユー ロが下落したためだった。この日は取引終了後に公表される米連邦公開 市場委員会(FOMC)議事録が注目されている。

ノムラ・インターナショナル(ロンドン)の資産配分ストラテジス ト、ウィトルド・バーク氏は「金融政策面でのポジティブな材料が消化 されつつある」とし、「これまで相場を主に動かしてきたのは金融政策 だった。特に欧州では、世界全体の成長への楽観というよりも中銀の政 策とそれが為替に及ぼす影響が極めて大きい。この先は、経済のファン ダメンタルズにもっと注意が払われるようになると思う」と語った。

ギリシャのアテネ総合指数は0.7%下落。前日は3月6日以来の高 値で終了した。ECB当局者がギリシャの市中銀行への流動性支援を協 議するなど、同国をめぐるニュースは引き続き注目される。

原題:European Stocks Extend Three-Week High as Altice, UBS Advance(抜粋)