ポルトガル6カ月物落札利回り、初のマイナス-ECB措置で

ポルトガル政府が20日実施した証券入札で、 6カ月物の落札利回りが初のマイナスとなった。欧州中央銀行 (ECB)によるソブリン債購入が借り入れコスト低下につながった。

2015年11月償還債(発行額3億ユーロ=約403億円)の平均落札利 回りはマイナス0.002%。3月18日実施の前回入札ではプラス0.047%だ った。応札倍率は4.61倍と、前回の2.78倍を上回った。

同日発行された1年物証券の借り入れコストも低下。2016年5月償 還債(発行額12億ユーロ)の平均落札利回りは0.021%。3月18日の前 回入札では0.094%だった。

当局の15日発表によると、この日の入札での調達目標は計12億5000 万-15億ユーロだった。

原題:Portugal Sells Six-Month Bills at Negative Yield for First Time(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE