中国、ブラジルに6兆円超の投融資-鉱業やインフラ分野で

中国は、ブラジルに対し総額530億ドル(約 6兆4000億円)の投資などを行う。ブラジルは景気減速に加え、同国最 大の石油会社であるブラジル石油公社(ペトロブラス)の汚職スキャン ダルで揺れている。

中国国家開発銀行と同国の輸出信用機関は計70億ドルをペトロブラ スに融資することで合意。天津航空はブラジル航空機メーカーのエンブ ラエルから22機を購入する契約を結んだ。

一連の契約は、中国の李克強首相のブラジル訪問に合わせて締結さ れ、景気てこ入れを目指すルセフ大統領の取り組みと合致する。ブラジ ルの今年の経済成長率はマイナス1.2%と、過去25年で最悪になると予 想されている。中国は渋滞に悩まされるブラジルの道路や港湾、鉄道の 拡大・刷新に向けた投資も検討するとしている。

ルセフ大統領は19日、中国がブラジルの鉱業やインフラ、製造業に 計530億ドルを投資する意向を示したことを明らかにした。これとは別 に、中国工商銀行は二国間のビジネス機会のためにブラジル連邦貯蓄銀 行(カイシャ・エコノミカ・フェデラル)と500億ドル規模のファンド を設立する。

原題:China Hands Brazil Multi-Billion Dollar Lifeline for Oil (1)(抜粋)

--取材協力:Mario Sergio Lima、Christiana Sciaudone、Juan Pablo Spinetto.