空売り投資家、中国マネーに対抗-香港株の売り持ち高膨らむ

香港株式市場では、中国本土の投資家に空売 り投資家が対抗している。

本土の投資家が上海・香港証券取引所の接続プログラムを利用して ごく一部の香港企業に資金を投じていることから、香港株式相場は大幅 上昇した。これに対し、空売り投資家は国美電器や上海電気集団など本 土の投資家が好む銘柄の一部を対象に、これら銘柄が下落した際に利益 が出るポジションを構築している。

マークイット・グループのデータによると、18日に証取接続プログ ラムを通じた取引が最も多かった10銘柄では、平均で発行済み株式 の4.2%に相当する空売りが行われている。この比率は香港市場全体の 平均の3倍に上る。

豪AMPキャピタル・インベスターズの資産配分責任者ネーダー・ ナエイミ氏(シドニー在勤)は、「既に上昇しているもののファンダメ ンタルズは弱いままの市場に目をつけた市場参加者が空売りを仕掛けて いる。問題は、強気相場の裏で現在のような強力な金融政策が講じられ ている場合、相場は一段と上昇する可能性があることだ」と話した。

KGIアジアのディレクター、ベン・クウォン氏(香港在勤)は 「株価が過度に下がらなくても、投資家は株価が割高とみて空売りする だろう」と指摘。「あまり合理的な市場ではない」と語った。

原題:Short Sellers Face Off Against Chinese Money in Hong Kong Stocks(抜粋)