英国:4月のインフレ率はマイナス0.1%-1960年来のゼロ割れ

更新日時

英国の4月のインフレ率は半世紀余りで初め てゼロを割り込んだ。食料品やエネルギーが値下がりし、生活費が押し 下げられた。

英政府統計局(ONS)が19日発表した4月の消費者物価指数 (CPI)は前年同月比0.1%低下。ブルームバーグがまとめたエコノ ミスト35人の調査中央値ではインフレ率ゼロが見込まれていた。インフ レ率がマイナスとなったのは統計が開始された1996年以降では初めて で、それ以前にONSがまとめた過去の記録に基づけば1960年以来とな る。

4月のコアインフレ率はマイナス0.8%と、2001年以来の低水準と なった。

インフレ率はイングランド銀行(英中央銀行)が目標とする2%を 大きく下回っているため、同中銀に政策金利を過去最低の0.5%から引 き上げるよう求める圧力は現在ほとんどない。ただしカーニー総裁は先 週、物価下落は一時的でインフレ率は年末には上向くとし、これは次な る金融政策変更が利上げとなる公算が大きいという意味だと語った。

IHSグローバル・インサイト(ロンドン)のエコノミスト、ハワ ード・アーチャー氏は「インフレ率は目先はゼロ付近にとどまり、第3 四半期から徐々に上昇し始める公算が大きい」と述べた上で、「それで も2015年末までにやっと1%に届く程度だろう」と語った。

ポンドの対ドル相場は統計発表後に下げ幅を拡大。ロンドン時間午 前9時31分(日本時間午後5時31分)現在は前日比0.7%安の1ポンド =1.5539ドル。

原題:U.K. Inflation Rate Falls Below Zero for First Time Since 1960(抜粋)

--取材協力:Harumi Ichikura.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE