オバマ政権:為替報復条項含むTPA法案に拒否権

オバマ政権は通商法案に為替報復条項が盛り 込まれれば、拒否権を行使すると警告している。ルー米財務長官は上院 指導者への書簡で、大統領の拒否権を進言した。

同長官は19日付の書簡で、「米国の貿易相手国は為替報復条項を含 んだ通商協定に参加しないと表明している」と指摘した。

オバマ大統領は環太平洋連携協定(TPP)交渉妥結に向けて、大 統領貿易促進権限(TPA)法案の成立を求めている。

原題:Obama Advised by Lew to Veto Trade Bill With Currency Amendment(抜粋)

--取材協力:Carter Dougherty、Justin Sink.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE