ユンケル氏:ギリシャ支援合意は5月下旬か6月初旬の見通し

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員 会のユンケル委員長はギリシャへの緊急支援が実行されるための国際的 合意は来月初旬までに成立すると見込んでいると述べた。

ユンケル委員長は19日、フランスのストラスブールでのインタビュ ーで、ギリシャ政府と債権者らの合意の見通しを楽観しているかとの質 問に対し、「その通りだ。5月末、6月初めにかけてだろう」と話し た。

ユンケル氏は反緊縮姿勢を崩さないギリシャ政府のデフォルト(債 務不履行)を回避する取り組みに個人的に関与しているとしながらも、 債権者を代表して自らが譲歩計画を提案したとする英国とギリシャメデ ィアの18日の報道を否定した。

同氏は「ユンケル計画など存在しない」とし、「英国とギリシャの メディアでのユンケル計画に関するうわさは事実ではない」と続けた。

ユンケル氏は今月21、22両日にラトビアの首都リガで開催される欧 州連合(EU)首脳会議(サミット)でギリシャと救済合意に至る可能 性も否定した。

原題:Juncker Foresees Greece Aid Agreement in Late May or Early June(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE