NY外為:ユーロ下落-ECB当局者が債券購入加速の方針示す

更新日時

19日のニューヨーク外国為替市場では、ユー ロがドルに対し2カ月で最大の下げとなった。欧州中央銀行(ECB) の当局者が、ECBは年央に見込まれる流動性低下の前に債券購入ペー スを加速させる方針だと述べたことに反応した。

ECBのクーレ理事は、資産購入プログラムに基づく債券購入を、 市場の流動性が低下する前の5月と6月に増やすと表明。これに反応し てユーロは下落した。またこの日は4月の米住宅着工件数が大幅に増加 して約7年ぶり高水準となり、金融当局の利上げに向けた動きを支持す る格好となった。これを受け、ユーロは対ドルでの下げを拡大した。

モルガン・スタンレーの世界為替戦略責任者、ハンス・レデカー氏 は、債券購入の増加を前倒しする動きについて、「ECBがQE(量的 緩和)を通じて、為替レートに対してより大きな影響を与えたいという 方向性を明確に示している」と指摘。「きょうのメッセージは極めては っきりしていた」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは1.5%安の1ユーロ =1.1150ドル。下落率は3月19日以降で最大。対円では0.9%下げて1 ユーロ=134円57銭。ドルは対円で0.6%上げて1ドル=120円69銭。

ユーロとECB

野村ホールディングスの英法人為替セールス担当エグゼクティブデ ィレクター、リー・マクダービー氏は、ユーロが1.10ドルを割り込んで 下落した場合、ドルと等価に下げるとの見方が再燃すると指摘した。ク ーレ理事の発言で、「2015年に入ってから市場がいかに不安定で、変動 の大きい状態が続いているかをあらためて気づかされた」と述べた。

クーレ理事の発言を手掛かりに、ユーロは主要16通貨中15通貨に対 して下落。ECB政策委員会メンバーのノワイエ・フランス中銀総裁 は、19日にパリで、ECBは必要に応じてQEを拡大させる用意がある と述べた。

ドイツ銀行のストラテジスト、ダニエル・ブレホン氏(ニューヨー ク在勤)は「米金融当局とECBは、政策のかい離にはまって動けなく なっている感じだ。米当局のタカ派とECBのハト派との政策のかい離 だ。きょうのニュースはそれを証明している」と述べた。

米商務省が19日発表した4月の住宅着工件数(季節調整済み、年率 換算)は前月比20.2%増の114万戸と、2007年11月以来の高い水準とな った。

原題:Euro Drops After ECB Official Pledges to Speed Up Bond Purchases(抜粋)