欧州債:軒並み上昇、QEの購入ペース加速とクーレ理事が言及

更新日時

19日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が 軒並み上昇。今年に入ってから国債利回りを過去最低まで押し下げた資 産購入プログラムについて、欧州中央銀行(ECB)当局者らが実施を しっかり続ける姿勢をあらためて表明したことが手掛かり。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは1週間ぶり低水準とな った。ECBのクーレ理事は18日、資産購入ペースを5、6月に加速さ せる方針を明らかにした。政策委員会メンバーのノワイエ氏はこの日に パリで、ECBは必要に応じてプログラムを延長する準備があると語っ た。

フランクフルト・トラストの資産配分責任者、クリストフ・キント 氏は「当局者らがこうした措置を講じるのは季節要因だけではなく、 ECBが柔軟に対応できるというシグナルを市場に送るためかもしれな い」とし、「ECBはこのところの利回り上昇について懸念している。 それで市場が反応した」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比5ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.60%。一時は0.55% と、11日以来の低水準となった。同国債(表面利率0.5%、2025年2月 償還)価格は0.505上げ99.105。

クーレ理事はまた、7月半ばから8月にかけて流動性が顕著に低下 する見込みであることを踏まえ、購入前倒しに加えて流動性が回復する と予想される9月に追加購入を行うこともあり得ると語った。

イタリア10年債利回りは8bp下げて1.81%。同年限のスペイン国 債利回りも8bp低下し1.75%となった。

原題:Euro-Area Bonds Climb as Coeure Says ECB to Expedite Purchases(抜粋)

--取材協力:Lukanyo Mnyanda.