ドイツ銀、アジアの企業ファイナンス責任者を休職に-関係者

更新日時

ドイツ銀行がアジアのコーポレートファイナ ンス共同責任者をいずれも休職としたと、事情に詳しい複数の関係者が 明らかにした。

関係者の1人によると、ダグラス・モートン氏は内規違反の疑いの ため休職になっている。ベンキー・ウィシュワナタン氏の休職は、同氏 が監督に携わっていたチームのデリバティブ(金融派生商品)販売に関 連の民事訴訟が理由だと、関係者が匿名を条件に語った。

この関係者の1人によれば、2人の幹部の休職の理由は無関係で、 暫定責任者は指名されていない。モートン氏の休職は18日に行内で通知 され、ウィシュワナタン氏は5月の早い時期から休職しているという。

モートン氏は19日、携帯電話への取材に対しコメントを控えた。ウ ィシュワナタン氏には連絡が付かない。ドイツ銀の広報担当カスリン・ ヘインズ氏(ロンドン在勤)はコメントを控えた。

モートン氏は香港在勤でアジアの投資銀行を担当。ウィシュワナタ ン氏はシンガポール在勤で資本市場などを担当していた。

原題:Deutsche Bank Said to Put Asia Corporate Finance Heads on Leave(抜粋) Deutsche Bank Said to Place Two Asia Banking Heads on Leave (2) (抜粋)