デフレの脅威から中国を救うのは豚肉か-供給減で先高観

中国のデフレリスクを懸念する中 国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁にとって、雌豚の減少と豚肉価格 の上昇は大きな安心感をもたらす可能性がある。

中国の夕食に不可欠な豚肉は同国では極めて重要であるため、戦略 的備蓄もあるほどだ。消費者物価指数(CPI)の中では大きな項目で あり、人々のインフレ期待の主要なけん引役。そして価格は上昇しつつ ある。

長城証券の農業セクター担当アナリスト、ワン・ジャンフ氏は「中 国のインフレは食品価格に主に左右される」と述べ、中国の養豚場で前 例のない供給減少が発生しており、豚肉価格が急上昇することを意味し ていると指摘した。

ただ、需要不振や余剰能力に悩む経済状況で、中国の富を物価下落 から救うには豚肉価格の値上がり以上の要素が必要かもしれない。ワン 氏は「インフレではなく、デフレがなお懸念される」と述べ、「豚肉で あったとしても、1つの産品だけに期待をかけて全体的な見通しを変え ることは不可能だ」と付け加えた。

原題:Pricier Pork Could Save China’s Bacon From Deflationary Threat (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE