タイガー・カブズなどファンド殺到-いま最も熱い中国JD

更新日時

ヘッジファンドが中国のオンライン小売企 業、JDドットコム(京東商城)の株式を競って買い入れている。

「タイガー・カブズ」の一角、ローン・パイン・キャピタルなどの ヘッジファンドは1-3月(第1四半期)にJDドットコムの米国預託 証券(ADR)に殺到した。資産家ジュリアン・ロバートソン氏率いる ヘッジファンド運用会社タイガー・マネジメントの在籍経験者が創業者 となっているファンドはタイガー・カブズと呼ばれる。

公に開示された保有株式データによると、JDドットコム株のヘッ ジファンドによる持ち分は過去最高の44%となった。これはヘッジファ ンドが保有する他の米上場企業217社いずれの株式よりも多い。

カーライル・グループ傘下の「エマージング・ソブリン・グルー プ」なども含むヘッジファンドは、急拡大する中国のオンラインショッ ピングの恩恵を受けるとみてJDドットコムの保有株式数を増やしてい る。

JDドットコムの株価は1年前の新規株式公開(IPO)以 降、78%上昇。投資家は中国の中間所得者層急増とインターネット利用 者の裾野拡大を背景に、さらなる値上がりを見込んでいる。

米調査会社ジオインベスティングの共同創業者、ダン・デービッド 氏は18日の電話取材に対し、「ヘッジファンドはミューチュアルファン ドや他のいかなる種類のファンドよりも投資先企業をずっと多く検証す る傾向にある」とし、「これらファンドはJDドットコムに価値を見出 している」と述べた。

ブルームバーグの集計によると、ヘッジファンドはJDドットコム と中国で競い合うアリババ・グループ・ホールディングの株式について は約12%の保有にとどまっている。昨年9月のアリババIPO時から低 下した。米アップル株の保有比率は5.1%だ。

原題:Tiger Cubs Lead Hedge-Fund Stampede Into China’s Red-Hot JD.com(抜粋)

--取材協力:Kelly Bit、Pierre Paulden.