ドイツ銀フィッチェンCEOら、偽証の企て否認-キルヒ訴訟で

故レオ・キルヒ氏のメディア企業キルヒの経 営破綻をめぐる訴訟で、偽証を企てたとして起訴されたドイツ銀行のユ ルゲン・フィッチェン共同最高経営責任者(CEO)と元幹部らは18 日、起訴内容を否認した。

フィッチェン氏はミュンヘンで開かれた公判で、2011年の訴訟で曖 昧な証言を行い、事実に反する資料の提出を放置して不正の企てを後押 したという検察側の主張を否定する陳述書を読み上げた。

ヨゼフ・アッカーマン前CEOとロルフ・ブロイヤー元CEO、他 の元幹部2人も、キルヒ氏と相続人が起こした民事訴訟で偽証や事実に 反する資料提出に関与した責任を問われている。

フィッチェン氏は「キルヒの訴訟でうそをついたり欺いたりしたこ ともなければ、欺こうとしたことも決してない。民事訴訟の証言でもそ の前後もない」と主張。アッカーマン氏や他の元幹部も同様の陳述を行 った。

原題:Deutsche Bank Co-CEO Fitschen Says He Never Misled Court (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE