米国株:S&P500とダウが最高値、アップルや銀行株に買い

更新日時

18日の米株式市場では主な株価指数が最高値 を更新。アップルは資産家カール・アイカーン氏の発言を受けて上昇し た。債券利回りの上昇を背景に銀行株も高い。

アップルは1.1%高。アイカーン氏は自社株買いの増額を求めた。 シティグループやサントラスト・バンクスも高い。婦人衣料小売りチェ ーンのアンは20%の急伸。同業のアシナ・リテール・グループはアンを 約21億6000万ドル(約2590億円)で買収することで合意した。半導体メ ーカーのアルテラは5.7%高。身売りについて業界最大手のインテルと 再び協議しているとの報道が手掛かり。

S&P500種株価指数は前営業日比0.3%高い2129.20と、3営業日 連続で最高値を更新した。ダウ工業株30種平均は26.32ドル(0.1%)高 い18298.88ドルで終了。3月2日以来、約2カ月半ぶりの最高値更新と なった。ナスダック総合指数は0.6%高。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツ(サウスカロライナ州 グリーンウッド)の最高投資責任者(CIO)、ウォルター・トッド氏 は「利回りの上昇に伴い金融株が上向き始めた」と指摘。「金融株が参 加すれば、今の上昇局面は一段と長くなる可能性がある」と続けた。

ドル指数が4カ月ぶり低水準から戻し、米国債利回りは上昇した。 今週発表される経済指標が利上げ観測を強めるとの見方が背景にある。 ドル高は輸出企業の競争力を弱め、輸入品の魅力を高めるため、景気や 企業利益にとって足かせとなる。

住宅指標

利上げ時期を探る上で、今週発表の住宅関連指標に注目が集まって いる。この日発表された住宅建設業者の景況感を示す住宅市場指数は5 月に市場予想に反して前月比で低下した。販売や客足が落ち込んだ。

ダンスケ銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、アラン・フ ォンメイレン氏は「過度に強気になるのは難しいが、弱気論を主張する のも難しい。マクロ経済はすばらしいというわけではないが、悲惨な状 態でもない。成長改善を示す指標が必要だ」と語った。

シカゴ連銀のエバンス総裁は18日、ストックホルムでの講演のテキ ストで、米金融当局として主要政策金利を2016年の早い時期までゼロ近 辺に据え置くべきだとの考えをあらためて示した。インフレ率が当局の 目標である2%をなお大幅に下回っているためで、いったん利上げを開 始した後も、漸進的に進めるよう重ねて呼び掛けた。20日には4月に開 催された連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事録が公表される。

決算

S&P500種構成銘柄の中ではウォルマート・ストアーズやヒュー レット・パッカードが今週、決算を発表する。これまでに発表された決 算では72%で利益が予想を上回り、47%で売上高が予想を超えた。

S&P500種のセクター別では10業種のうち、金融やヘルスケアな ど7業種が上昇した。10年債利回りの上昇を背景に金融株が上げた。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は1.1%上昇し、4カ 月ぶり高値。ギリアド・サイエンシズは1.6%上昇し、ヘルスケア株の けん引役となった。ナスダック・バイオテクノロジー指数は1.2%上昇 し、3週間ぶり高水準。

原題:Rally in Apple, Bank Shares Sends U.S. Stocks to All-Time Highs(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa.