タイ:1-3月GDP、前期比0.3%増に成長鈍化-輸出減少で

タイ経済は1-3月(第1四半期)に成長 が鈍化した。政府支出の増加によって輸出減少や内需低迷を補えなかっ た。

国家経済社会開発庁(NESDB)が18日発表した国内総生産( GDP)は前期比0.3%増加。ブルームバーグが調査した市場関係者17 人の予想中央値は0.6%減だった。前年同期比では3%増。市場予想 は3.4%増だった。

DBSグループ・ホールディングスのエコノミスト、グンディ・カ ヤディ氏(シンガポール在勤)は統計発表前、「消費者のセンチメント を押し上げるには予算の実施を加速することが不可欠だ。特に輸出利益 見通しでプラス材料がほとんどないためだ」と指摘した。

原題:Thailand’s Economic Growth Slowed Last Quarter on Export Decline(抜粋)

--取材協力:Michael J. Munoz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE