中国の不動産開発会社、記録的な株式発行-社債保有者にも恩恵

中国の不動産開発会社が今年これまでに発表 した192億ドル(約2兆3000億円)規模の株式発行計画は、社債保有者 にも恩恵を与えている。負債を抱えるこれら企業の現金保有が増え、債 権者への返済能力が高まるためだ。

ブルームバーグの集計によれば、不動産開発会社による昨年12月31 日以降の株式発行額は、既に過去のいずれの年の通年実績も上回った。 こうした企業は資金調達先を銀行融資やオフショア債券市場から株式に 移している。

中国企業2社がドル建て債でデフォルト(債務不履行)に陥ったこ とを受け、年初からの同国不動産開発会社によるドル建て債発行は52% 減少。中国株式相場の上昇で、不動産開発会社は成長に向けた資金の調 達手段、および信用損失の緩衝材の役割を株式に求めるようになってい る。

オランダの資産運用会社ロベコの債券担当シニアバイスプレジデン ト、モーリス・メイヤー氏は、エクイティファイナンスの増加で「中国 不動産セクターはこの先、より安全になる」との見方を示した。

原題:Chinese Developers’ Share Sales Good for Dollar Bondholders (2)(抜粋)

--取材協力:Michelle Yun、Ben Scent.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE