二審もアップルが勝訴-サムスンが一部特許侵害と米行政高裁

更新日時

携帯電話をめぐる米アップルと韓国サムスン 電子の特許侵害裁判で、ワシントンの米連邦特別行政高裁は18日、アッ プルの「iPhone(アイフォーン)」の特徴的なデザインがサムス ン電子によって模倣されているとの判断を下した。今回の判断はアップ ルにとって、サムスンと最終的な合意をまとめる上でプラスの材料とな る。

同高裁はアイフォーンの旧モデルの特徴的デザインと2つ特徴をサ ムスンが使用したと判断し、陪審がサムスンに求めた賠償のうち約5 億4800万ドル(約660億円)を支持した。一方、アップルが保護を求め ていたアイフォーンの外観について同裁判所は、美しさに関する程度の ものであり、米国の商標法で永久に保護されるには値しないと判断。そ れに伴い当初の賠償認定額から3億8200万ドルが減額され得るとした。

アップルとサムスンは18日に同高裁が判断を下した訴訟と、同裁判 所で審理中のもう1つの争点を除いて国際的特許裁判を決着させてい る。ビラノバ大学法科大学院のマイケル・リッシュ教授(法学)は「こ の裁判の終わりが近いようだ。賠償額の大部分はデザインの特許に関す るものであり、それは今回支持された。双方が他の裁判管轄区域で行っ たように停戦を呼び掛けたければ、テーブルは用意されている」と指摘 した。

アップルの広報担当、ジョッシュ・ローゼンストック氏は発表文で 「サムスンがアップル製品をあからさまに模倣したことを特別行政高裁 が認めたことにわれわれは満足している」とコメント。「サムスンはわ れわれの特許を幅広く侵害したことに対して賠償金の支払いが必要だ が、この裁判はカネ以上の問題であることに変わりはない。人々に愛さ れる製品の開発に向けられた技術革新と多大な努力をめぐる問題であ り、それに値段を付けることは難しい」と述べた。

サムスンの広報担当、アダム・イェーツ氏にコメントを求めたが、 返答は得られていない。

原題:Apple IPhone Designs Copied by Samsung, Appeals Court Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE