インド株:3週ぶり高値-モンスーン予報で利下げ観測強まる

18日のインド株式相場は3週間ぶり高値を付 けた。モンスーンに関する気象予報を手掛かりに、利下げ観測が強まっ た。

インド最大の民間電力会社タタ・パワーが2週間ぶりの高値まで上 昇し、バジャジ・オートは3営業日続伸となった。国内2位のアルミ会 社、ヒンダルコ・インダストリーズは1週間ぶりの高値。燃料値上がり を背景に、インド石油を中心に製油銘柄が買われた。

センセックスは前週末比1.3%高の27687.30と、先月23日以来の高 値で終了した。気象当局は17日、南部ケララ州が昨年より6日早い今 月30日にモンスーン入りするとの予想を示した。インフレ鈍化でインド 準備銀行(中央銀行)に今年3回目の利下げ余地が生じるとの観測を手 掛かりに、先週のセンセックスは2週続伸となっていた。

ダルトン・ストラテジック・パートナーシップのインド部門ディレ クター、U・R・バート氏は電話インタビューで、「モンスーンが例年 並みなら、利下げの確率は上がる」とし、「インフレ鈍化で中銀が利下 げに踏み切る可能性は高い」と語った。

原題:India Stocks Climb to 3-Week High as Monsoon Spurs Rate-Cut Bets(抜粋)