中国人民元、上昇-中心レート引き上げや不動産市場安定化で

中国人民元は18日、ドルに対して上昇。中国 の不動産市場が2カ月連続で回復の兆しを示したことに加え、中国人民 銀行(中央銀行)が元の中心レートを1年3カ月ぶりの高水準に引き上 げたことが寄与した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前週末比0.03%高の1ドル=6.2043元で終了。人民銀はこの日の 中心レートを0.01%元高方向の6.1079元と、2014年2月以来の高水準に 設定した。

ブルームバーグのデータによれば、香港オフショア市場では、元は 現地時間午後4時39分(日本時間同5時39分)現在、0.03%安の6.2048 元。

原題:Yuan Advances as Property Market Stabilizes on Stimulus Measures(抜粋)