NY外為:ドル反発、米経済は低迷から回復との見方で

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場では、ドル が4カ月ぶり安値から上昇。米経済が1-3月(第1四半期)の低迷か ら回復するとの観測が広がった。

ドルは対ユーロでは5営業日ぶりに反発し、上昇率は5週間で最大 となった。今週米国では住宅市場や製造業活動に関連した経済指標が発 表される。指標に改善が見られれば、金融当局が利上げを開始する正当 性が裏付けられる。

スタンダード・ライフ・インベストメンツの為替担当ディレクタ ー、ケン・ディクソン氏は「ドルの前向きなトレンドはさらに継続す る」とし、金融当局の利上げが近づくにつれてドルは最近の下げから回 復するとの見方を示した。ただ対ユーロでの上げはその大きさとペース の両面で緩やかになると加えた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、前週末比0.9%高 の1160.14。同指数は週ベースでは前週まで5週続落と、2013年10月以 来の長期連続安となっている。

ドルは対ユーロでは1.2%上昇し1ユーロ=1.1315ドルで、上昇率 は4月9日以降で最大。対円では0.6%上げて1ドル=119円99銭。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「市場ではドルに対する全般的な強気バイアス は変わっていない」と分析。その上で、バリュエーションの面では魅力 が若干増しつつあるものの、今週のドルの見通しについては慎重さを要 するとも述べた。

ギリシャ情勢

欧州中央銀行(ECB)など世界の中銀が政策を緩和させる一方で 米当局は利上げに近づきつつあるとの観測を背景に、ドルは昨年7月か ら今年4月までに21%上昇。ただそれ以降は5.1%下落した。

ユーロ相場はこの日、ギリシャの銀行をめぐる懸念が重しとなり下 落した。ギリシャ政府と債権者が同国救済をめぐって合意できない場 合、ギリシャの銀行が支払い不能に追い込まれるとの懸念が広がった。

クレディ・アグリコルの外国為替戦略の欧州責任者、アダム・マイ ヤーズ氏は「ドルにとっては一段と大きな反発の始まりとなる可能性が ある」と指摘。「経済データは4-6月(第2四半期)に非常に速いペ ースで回復し、金融当局は計画通り7-9月(第3四半期)に政策を引 き締める見通しだ」と述べた。

マイヤーズ氏は、米経済が回復した場合、ドルは向こう数週間に1 ユーロ=1.1250ドルに上昇するとの見方を示した。

原題:Dollar Rebounds as Investors Foresee U.S. Economy Gaining Steam(抜粋)

--取材協力:池田祐美、Netty Ismail、Chikako Mogi、Anooja Debnath.