ブロードウェーにエッフェル塔-マカオ、経済の教科書に逆らう

マカオの南部を訪問すれば、世界一のカジノ 拠点が縮小しつつあるとは言い難くなる。広大な造成地のあちこちでセ メントミキサーが稼働し、大型ダンプの往来が見られる。マカオでカジ ノを運営する6社全てがここで新たなリゾートを建設中だ。

ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団) はホテルを併設した新たなカジノ施設の一部を27日にオープンする。ニ ューヨークのブロードウェー地区をほうふつとさせるエリアもある。

メルコ・クラウン・エンターテインメント(新濠博亜娯楽)は年内 に新規プロジェクトを終える計画で、アジアで最も高い観覧車が完成す る。サンズ・チャイナ(金沙中国)はパリのエッフェル塔を実物の半分 の規模で再現する。

カジノ運営各社はホテルの客室数やカジノのテーブルを増やせば、 売上高減少に歯止めがかかり、再び増収に転じさせることができるとの 賭けに打って出ている。教科書に書かれている経済の原則とは反対に、 追加供給が追加需要を喚起するとの認識だが、それが正しいのかどうか 業界内の誰もが見守っている。

マッコーリー・セキュリティーズの香港在勤アナリスト、ジェイミ ー・チョウ氏は「来訪客とカジノ収入の回復を新たな施設がけん引する かどうか、ギャラクシーの新カジノオープンが業界にとって最初の主要 な試金石となる。各社はどのような顧客を呼び込み、どの程度カジノ収 入を押し上げるのかを誰もが注目している」と述べた。

原題:Macau Bets $27 Billion on Reversing Law of Supply and Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE