習近平主席:太平洋には米中両大国を受け入れる十分な空間

中国の習近平国家主席は17日、ケリー米国務 長官に対し、米中双方は両国の関係に影響しない形で意見の相違を管理 する必要があると述べた。米国は中国による南シナ海への進出について 自制を促している。

国営新華社通信などによれば、習国家主席は人民大会堂でケリー国 務長官と会談し、両国の関係は「全体的に安定している」と評価。「両 国の新たな関係は初期の成果を得ている」と述べた。

さらに、「広い太平洋は中国と米国の両国を受け入れる十分な空間 がある」とも語った。

米国は中国に対し南シナ海での岩礁埋め立て問題で自制を促してお り、この問題をめぐる緊張は9月に予定されている習国家主席の訪米に も影響を及ぼす可能性がある。中国は軍拡に加え、西側諸国が主導する 世界秩序に挑戦するような形で経済的な影響力の伸張を図っている。

米国務省当局者によると、習国家主席とケリー長官は習主席の訪米 の重要性のほか、気候変動やイラン核問題、朝鮮半島の非核化に向けた 共同の取り組みを議論した。同省の方針を理由に当局者1人が匿名を条 件に明らかにしたところでは、ケリー長官は南シナ海問題も提起し、摩 擦を減らす必要性を訴えた。

原題:Xi Tells Kerry China and U.S. Can Both Be Pacific Powers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE