米銀のMBS需要旺盛-上位50行の保有、1-3月に5.4兆円増

米国の政府機関や政府支援機関の保証が付い た住宅ローン担保証券(MBS)に対し、バンク・オブ・アメリカ( BOA)をはじめとする米大手銀行の需要は尽きないようだ。新たな規 制もその一因となっている。

1-3月(第1四半期)の当局のデータでは、米銀上位50行のこれ らMBSの保有が453億ドル(約5兆4000億円)増加したことが示され ている。モルガン・スタンレーが14日のリポートで明らかにした。米国 債の保有は106億ドル増だった。

政府機関のジニーメイ(連邦政府抵当金庫)や政府支援機関である ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)、フレディマック(連邦住宅貸付抵 当公社)が保証するMBSの市場規模は5兆5000億ドル。新たな規制に より、銀行が金融危機を乗り越えるため売却が容易な資産の保有を義務 付けられていることが需要を支えている。

これらMBSの利回りが1月に米国債との比較で上昇したことも、 銀行の購入増加につながった可能性がある。マヘシュ・スワミナサン氏 らクレディ・スイス・グループのアナリストの14日のリポートによる と、絶対的利回りが上昇すれば金利が安定した場合にさらなる購入が促 される可能性がある。

ビプル・ジェイン氏らモルガン・スタンレーのアナリストのリポー トによると、BOAが保有するMBSは1-3月に161億ドル増の2814 億ドルとなった一方で、米国債への投資は101億ドル減少した。BOA の広報担当ジェリー・デュブロウスキ氏はコメントを控えた。

原題:BofA Leads U.S. Banks With Insatiable Demand for Mortgage Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE