原油価格は来年100ドルに、生産減少で-ピケンズ氏のファンド

資産家ブーン・ピケンズ氏率いるBPキャピ タル・マネジメントは米国の生産が落ち込み、来年の原油相場が1バレ ル=100ドルに回復する可能性があるとの見方を示した。

デービッド・ミーニー最高投資責任者(CIO)は14日にニューヨ ークでのインタビューで、傘下の2本のエネルギー関連ファンドが原油 を買っていると説明した。

ミーニー氏は「一時的に下げる可能性もあるが、全般的な動向とし ては将来の生産を促すために価格は上昇しなければならない」と述べ た。

掘削の鈍化で米国での原油生産が減少するとの観測が広がり、ウェ スト・ テキサス・インターミディエート(WTI)価格は3月に付け た6年ぶりの安値から約40%上昇している。ミーニー氏によると、原油 は年内に70ドルに達する可能性がある。

原題:Pickens’ Funds See $100 Oil in 2016 as Production Declines (1)(抜粋)

--取材協力:Kelly Bit.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE