中国人民元が下落-週間では上昇、対中投資急増など織り込む

中国人民元は15日、対ドルで下落したもの の、週間ベースでは今月初の上昇となった。人民元の世界的な利用を促 すため当局が元相場の安定を重視しているとの観測や、海外からの対中 直接投資の急増を示す統計が織り込まれた。

中国商務省が同日発表した4月の対中直接投資は前年同月比10.5% 増の590億4000万元(約1兆1400億円)。ブルームバーグの市場調査で は2%増と見込まれていた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.08%安の1ドル=6.2061元で終了。前週末比では0.05% 上げた。

香港オフショア市場では、ブルームバーグの集計データで人民元は 前日比0.1%安の6.2064元。前週末比では0.05%上昇となった。

原題:Yuan Posts Weekly Advance as China Backs Currency, FDI Increases(抜粋)

--取材協力:Tian Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE