インド首相、中国に再検討促す-国境問題などへのアプローチ

中国を訪れているインドのモディ首相は15 日、中国政府に対し国境問題など両国間の意見の衝突に関するアプロー チを再検討するよう求めた。

モディ首相は北京で中国の李克強首相との共同記者会見に臨み、両 国間の国境をめぐる対立に言及。その上で、2国間関係の「スムーズな 発展の妨げ」になるこうした対立を解消するため両国は協力すべきだと 述べた。これに先立ち、両首相は貿易から鉄道に至る20余りの協力協定 について発表した。

モディ首相は「潜在的なパートナーシップの完全な実現を妨げてい る問題の一部に対するアプローチを中国が再検討する必要があることを 強調する」と言明し、両国は国境地帯での平和への取り組みを誓ったと 説明。李首相は「国境問題を解決するために、両国が受け入れることの できる公平かつ妥当なやり方を探る必要があると双方が確信している」 と語った。

モディ首相の訪中は14日、陝西省から始まった。同省では中国の習 近平国家主席と会談。中国外務省がウェブサイトに掲載した声明によれ ば、習主席は会談後、両国関係を維持するため相互信頼を高め、「意見 の衝突と問題」に対処するよう両国ともに努力すべきだと述べた。

モディ首相は上海で中国経済界首脳との会合を16日に開く予定。そ の後、中国を離れモンゴルと韓国を訪れる。

原題:India’s Modi Urges China to Reconsider Stance on Border Row (1)(抜粋)

--取材協力:Ting Shi.