ネットフリックス、中国参入で馬氏出資の華数と協議-関係者

米ネットフリックスは59億ドル(約7000億 円)規模の中国オンライン動画配信市場への参入を目指し、馬雲(ジャ ック・マ)氏が出資するメディア企業などと協議している。事情に詳し い複数の関係者が明らかにした。

協議の非公開を理由に匿名を条件に語った関係者によると、ネット フリックスは提携をめぐり華数伝媒などと協議を進めている。ネットフ リックスの広報担当、アン・マリー・スケオ氏は中国での提携の可能性 に関する質問に対し「2016年末までにほぼ世界規模の展開」を計画して いると答えた。

人口14億人の中国市場に参入すれば、予想されるオンライン動画市 場の爆発的な成長の恩恵を受けることが可能になる。上海のインターネ ットコンサルティング会社、艾瑞諮詢(アイリサーチ)によると、市場 規模は18年までに現在の3倍近い900億元(約1兆7000億円)に達する 見通しだ。

ネット上のコンテンツ認可を厳格に管理する中国政府の方針を踏ま えると、現地企業との提携が不可欠と考えられる。関係者によると、ネ ットフリックスは携帯電話やコンピューター、セットトップボックスを 含むあらゆる機器のコンテンツについて認可を持つ企業との提携を望ん でいる。中国の国家新聞出版広電総局はネットテレビのコンテンツ認可 を華数など7社に付与している。

華数は取材要請の電子メールに今のところ回答していない。華数の 代表番号に電話を2回かけたが、返答はなかった。

華数は馬氏が創業し会長として率いる中国の電子商取引最大手アリ ババ・グループ・ホールディングと、13年以降セットトップボックスの 生産で協力しており、アリババが本社を置く浙江省杭州でケーブルテレ ビやブロードバンドのネットワークを運営している。華数は昨年4月、 馬氏と資産家の史玉柱氏に株式20%を売却すると発表した。

原題:Netflix Said in Talks to Enter China With Jack Ma-Backed Wasu(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE