中国株:上海総合指数が下落-IPOで需給悪化警戒

更新日時

15日の中国株式相場は下落。上海総合指数の 週間ベースの上げは縮小した。新規株式公開(IPO)に伴って既に上 場している株式からIPO銘柄に資金が流れるとの懸念に加え、景気減 速で企業利益に影響が出るとの観測が広がった。

CSI300指数では、構成する10業種のうち9業種が下落。エネル ギーと公益株を中心に下げた。中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は3.9%安。国電電力発展(600795 CH)は2.5%下落。

当局が香港と深圳の証券取引所接続に向けた日程を発表するとの観 測が広がり、香港株式相場が急上昇し、香港証取を運営する香港取引所 (388 HK)が高くなった。

上海総合指数は前日比1.6%安の4308.69で引けた。週間の上昇率 は2.4%となった。CSI300指数は前日比1.8%下落。

申万宏源のトレーダー、ジェリー・アルフォンソ氏(上海在勤)は 「先に発表された経済指標は振るわなかった」と指摘した上で、「投資 家は再び銘柄の選別に動いている。短期的には明確な材料は見当たらな い。新たにIPOもあり、投資家は保有株の一部を売っている可能性が 高い」とコメントした。

原題:China Shares Fall Most in Asia on Concern IPOs to Drain Funds(抜粋)