米大統領、湾岸6カ国に防衛協力やイランへの圧力維持を約束

オバマ米大統領は14日、湾岸協力会議 (GCC)6カ国の首脳らに対し、外部からのいかなる攻撃に対しても 米国は防衛のために協力すると約束した。大統領はまた、イランとの最 終合意によって核兵器開発の道が閉ざされると述べた。

オバマ大統領はワシントン近郊の山荘キャンプデービッドに首脳ら を招いて会談。シーア派国家イランによる中東地域を「不安定にする行 動」に対処するため、これらスンニ派6カ国と安全保障面での協力関係 を強化することに米国は同意すると発言した。

原題:Obama Promises to Defend Gulf States, Keep Up Pressure on Iran(抜粋)

--取材協力:David Lerman、Margaret Talev.