米週間新規失業保険申請件数:4週平均は15年ぶり低水準

先週の米新規失業保険申請件数は予想に反し て前週比で減少、4週間平均値は過去15年で最低だった。

米労働省の14日発表によると、5月9日までの1週間で新規失業保 険申請件数は前週比で1000件減少して26万4000件。ブルームバーグがま とめたエコノミスト予想中央値は27万3000件だった。より変動の少ない 4週間移動平均は2000年4月以来の低水準だった。

ストーン・アンド・マッカーシー・リサーチ・アソシエーツのマネ ジングディレクター、レイモンド・ストーン氏は「労働市場環境は極め て堅調だ」と述べ、「失業保険申請件数が少なければ強い雇用者数とな るのが通常だ」と続けた。

原題:Jobless Claims in U.S. Fall as 4-Week Average at 15-Year Low (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE