ハーバード大寄付基金:運用者上位6人の13年報酬は計59億円

米ハーバード大学は寄付基金を運用する上位 6人の運用者に対し、2013年に総額4930万ドル(約59億円)を報酬とし て支給し、前年から50%増やした。

ハーバード大によれば、報酬額が最も多かったのは寄付基金を監督 するスティーブン・ブライス氏で1150万ドル。13年当時は基金を運用す るハーバード・マネジメントの公開市場の責任者だった。現在は、昨 年12月に辞任したジェーン・メンディロ氏の後任として、ハーバード・ マネジメントの最高経営責任者(CEO)を務めている。メンディロ氏 の13年報酬は960万ドルだった。

ハーバード大基金の投資リターンは、イエール大学など他の大学基 金を下回っており、一部の卒業生から運用担当者の報酬が高過ぎるとの 批判が出ている。ハーバード大の昨年の寄付基金の規模は364億ドル で、投資リターンは15.4%と米東部の名門校から成るアイビーリーグの 中で下から2番目だった。

ハーバード大によると、運用担当者の報酬には成果が上げられなか った場合に回収される可能性がある賞与(ボーナス)も含まれている。

同大は納税申告書も公表し、ドルー・ファウスト学長の13年の報酬 額が110万ドルだったことも明らかにした。報酬には基本給77万9283ド ルのほか、住宅手当などが含まれており、前年から6%増加した。同大 の職員で報酬が最も高かったのは神経科学者で発生生物学者のデービッ ド・ギンティ氏の120万ドルだった。

原題:Harvard Pay for Top Money Managers Rose 50% to $49.3 Million (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE