NY金:続伸、12週間ぶり高値-ドル下落で代替投資の買い

14日のニューヨーク貴金属市場では、金と銀 先物がいずれも続伸。2月以来の高値となった。ドルの下落を背景に、 代替投資の買いが膨らんだ。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州ポート セントルーシー)のマイケル・スミス社長は電話インタビューで、「金 とドルの強い相関関係が復活した」と指摘。「金は底入れした」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.6%高の1オンス=1225.20ドルで終了。一時は1227.70 ドルと、中心限月としては2月17日以来の高値をつけた。2月以降で初 めて200日移動平均線を上回った。

銀先物7月限は1.4%上げて17.465ドル。一時17.585ドルと2月4 日以来の高値。プラチナ先物7月限は1%上昇の1162.40ドル。パラジ ウム先物6月限は1.3%安の779.50ドル。

原題:Gold Futures Rise to 12-Week High as Dollar Drops; Silver Gains(抜粋)