4月のロンドン住宅指標は10カ月ぶり高水準-RICS

ロンドンの住宅価格を測る指標は4月に10カ 月ぶり高水準となり、市内の住宅市場の回復を示した。英王立公認不動 産鑑定士協会(RICS)の調査で明らかになった。

RICSが14日発表したリポートによると、ロンドンの4月の住宅 価格指標はプラス28と、昨年6月以来の高水準となった。ゼロを上回っ たのは昨年8月以降初めて。3月はマイナス6だった。英国全体の価格 指標もプラス33と、3月のプラス22から上昇した。

指標の上昇は先週の総選挙をめぐる不透明感によって深刻化した売 り物件の不足が原因。手頃な価格の住宅不足は現在、「国家の非常事 態」であり、キャメロン新政権は優先課題として取り組む必要があると RICSは指摘した。

原題:London Housing Rebounds as U.K. Property Squeeze Boosts Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE