中国商用飛機、C919の試験飛行を来年に延期-関係者

中国国有の航空機メーカー、中国商用飛機 (COMAC)は、開発中のジェット旅客機C919の試験飛行を来年 に延期した。事情を直接知る関係者が明らかにした。

情報は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれ ば、一部の部品が入手できないため、1号機の最終組み立てが進んでい ない。上海に本社を置くCOMACは今年中にC919の初飛行を行う 計画をしていた。

狭胴型のC919は完成すれば乗客168人を乗せることができ、100 席を超える旅客機の市場での欧州のエアバス・グループと米ボーイング の優位に挑むことになる。

COMAC広報室の副ディレクター、ジェフ・チェン氏は電子メー ルで、C919の主要な開発計画の日程に「大きな調整」はないとコメ ントした。試験飛行の遅れはロイター通信が13日に報じていた。

原題:China’s Comac Said to Delay Test Flight of Narrow-Body C919 Jet(抜粋)

--取材協力:Kyunghee Park.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE