LMEニッケル:1週間ぶり大幅安-中国景気減速の兆しで

ロンドン金属取引所(LME)のニッケル相 場は1週間ぶりの大幅安。在庫が過去最高に迫ったほか、中国の景気減 速の兆しを受けて同国の需要が減少するとの懸念が高まった。

中国国家統計局が13日発表した4月の工業生産は前年同月比5.9% の増加にとどまった。ブルームバーグの調査では6%増が見込まれてい た。4月の新規融資も予想を下回った。LME指定倉庫のニッケル在庫 は44万1042トンと、ここ3営業日で2回目の増加となり、先月記録した 過去最高の44万4756トンに迫った。

LMEのニッケル相場(3カ月物)は前日比2.1%安の1トン=1 万4050ドルで終了。今月6日以来の大幅な下げとなった。

LMEの銅相場(3カ月物)は0.2%安の1トン=6405ドル。 LMEではアルミニウムと鉛、スズ、亜鉛も下落した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物7 月限は0.1%安の1ポンド=2.929ドル。

原題:Nickel Falls Most in a Week on Signs of Slowing Growth in China(抜粋)

--取材協力:Alfred Cang.