米上院指導部、TPA法案審議入りに向け合意

米上院指導部は13日、オバマ大統領に通商交 渉の権限を与える大統領貿易促進権限(TPA)法案の審議入りに向け 合意に達した。12日には一部民主党議員の造反により同法案の審議入り に必要な動議が否決されていた。

上院は14日、民主党が求めていた為替操作阻止のための法案など関 連法案についてTPA法案と別個に採決を行う。その後、TPA法案の 審議入りに必要な動議を再度採決する。

共和党のマコネル上院院内総務は今回達した合意は「賢明なプラ ン」だと述べた。一方、民主党のリード上院院内総務は「公平な案を導 き出せた」と語った。

ビル・ネルソン上院議員(民主)はTPA法案について、「上院を 通過するだろう」とした上で、同法案に強い懸念を表明してきたシェロ ッド・ブラウン議員(民主)は反対すると予想されると述べた。

民主党はこれまで、為替操作国からの輸入に商務省が罰金を科すこ とを認める案など3つの案とTPA法案をパッケージにすることを主張 してきた。しかしチャールズ・シューマー議員(民主)が推進する為替 操作に関する案は財務省の反対に遭っていた。今回、同案を別個に検討 することで、TPA法案が可決されやすくなる可能性がある。

原題:Senate Leaders Reach Deal to Advance Fast-Track Trade Measure(抜粋)

--取材協力:Kathleen Miller、Carter Dougherty、Billy House、Sangwon Yoon、Brian Wingfield.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE