NY外為:ドル下落、指数4カ月ぶり低水準-小売売上高に失望

更新日時

13日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 下落。ドル指数はほぼ4カ月ぶりの水準に低下した。4月の米小売売上 高が横ばいにとどまったことが売りを誘った。

ドルは主要通貨のほとんどに対して下落。低調な経済指標が新たに 発表されたことを受け、利上げが先送りされるとの見方が強まった。

ウエストパック銀行の北半球通貨担当チーフストラテジスト、リチ ャード・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「どう飾り立てても 良い内容に化けることはできず、統計は期待外れだった。景気が持ち直 すとしても失望を誘うだろう。そのため、この日はドルがさらに軟調と なった」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.7%低下の1154.76 と、3月23日以来の大幅な下げ。ドルは対ユーロで1.3%下げて1ユー ロ=1.1354ドル。対円では0.6%安の1ドル=119円15銭。

サムソン・キャピタル・アドバイザーズ(ニューヨーク)のプリン シパル、ジョナサン・ルイス氏はドルについて、「非常に説得力のある 理由で石のように落下している」と指摘。「米国の景気が軟化し、金融 当局は金利を据え置いていることから、ドル強気派の重要な根拠がなく なってしまった」と語った。

欧米の経済指標

米商務省の発表によると、4月の米小売売上高は前月比で横ばい。 3月は1.1%増(速報値0.9%増)に上方修正され、伸び率は昨年3月以 来の最大となった。4月は、ブルームバーグが実施したエコノミスト調 査では0.2%増が見込まれていた。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が13日発表した1-3 月域内総生産(GDP)速報値は前期比0.4%増と、成長率は昨年10 -12月(第4四半期)の0.3%を上回った。ブルームバーグがまとめた エコノミスト42人の調査中央値と一致した。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)の債券調査 責任者、ジェニファー・ヴェイル氏は「ドルの軟調や若干のインフレ高 進のほか、ギリシャから悪いニュースが減ったことから、ユーロが現在 押し上げられているのは確かだ」と述べた。

ただ、同氏はユーロが対ドルで年末までに再び下げ始め、1.04ドル に下落するとの見通しも示した。米金融当局が利上げを検討している一 方、欧州中央銀行(ECB)が異例の緩和を継続していることが背景。

原題:Dollar Bulls Wondering What Went Wrong in Drop to Four-Month Low(抜粋)

--取材協力:Anooja Debnath.