トヨタとマツダ、業務提携に向け基本合意-環境・先進安全技術

更新日時

トヨタ自動車はマツダと環境技術や先進安全 技術などの分野で新たな業務提携に向け基本合意し、具体的な検討を開 始する。両社はすでに環境技術面や生産委託などで提携している。

両社の13日の発表資料によると、経営資源の活用や、商品・技術の 補完など、互いに相乗効果を発揮できるような継続性のある協力関係構 築に向け覚書に調印した。今後は検討委員会を立ち上げ、環境技術、先 進安全技術などで、具体的な業務提携内容の合意を目指す。

自動車業界では環境技術分野の研究開発などで巨額な費用を分担し たり、得意とする分野で相互補完するため、提携の動きが広がってい る。日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は13日の 決算会見で、自動車業界で戦略的パートナーシップ、合従連衡は増えて いくと思うとコメントした。

トヨタの豊田章男社長は会見で、ハイブリッド技術供与やマツダの メキシコ工場への生産委託など「個別プロジェクトを通じて互いの価値 観や信頼感を得て、中長期目線でお客様の笑顔のため、お互いにつくっ ていくための機が熟した」と語った。

マツダの小飼雅道社長は「資本提携は考えていない」と記者団に述 べた。豊田社長も、トヨタと言えばすぐお金とみられるが、われわれは 「大きな財布ではない」と述べ、もっといい車をつくるパートナーと思 ってもらえるよう、まい進したいと話した。

これまで両社提携では、トヨタがプリウスのハイブリッド技術ライ センスをマツダへ供与で合意したと2010年3月に発表。マツダは13年発 売の新型アクセラにハイブリッド車をラインアップし国内発売した。

12年にはマツダがメキシコ工場でトヨタの北米向け車両を生産する ことで合意。マツダ独自の燃費向上技術「スカイアクティブ」のエンジ ンを含め「MAZDA2(日本名:デミオ)」ベースの車両を、トヨタ は「サイオン」として15年夏ごろから発売する予定。マツダのメキシコ 工場では日本と同水準のスカイアクティブ搭載車を世界に供給する。

米カリフォルニアは州内で販売台数が一定水準以上の自動車メーカ ーに対して、排出ガスを出さない電気自動車や燃料電池車などが販売台 数の一定比率を占めるよう定めている。これまで同州で年6万台以上を 販売するトヨタやホンダなど6社が規制対象だったが、18年型以後はマ ツダなどにも対象を広げる見通し。

トヨタは独BMWとも環境技術で提携している。11年から12年にか け両社は複数の環境技術分野で提携関係を結んだ。燃料電池車やスポー ツカーを共同で開発するほか、トヨタはハイブリッド技術をBMWに供 与、BMWは炭素繊維を使い車体を軽量化する技術をトヨタに供与する ことになった。

燃料電池車については、トヨタが昨年末に「ミライ」を国内発売 し、本格的な市販で他社に先行。燃料の水素を空気中の酸素と化学反応 させて発電し、電気モーターで走行するため、排出するのは水だけ。燃 料充てん時間は3分程度とガソリン車と同様の利便性を備えている。

--取材協力:堀江政嗣、Ma Jie.