中国株:上海総合が下落、エネルギー株安い-投資伸び悩み嫌気

更新日時

13日の中国株式相場は反落。上海総合指数が 4営業日ぶりに下落した。前日まで3日続伸し、同期間の上げ幅として は1月以来の大きさとなっていた。中国の都市部固定資産投資の伸び率 が14年余ぶりの低水準にとどまり、エネルギーと金融株が下げた。

華能国際電力(600011 CH)が4.5%安。中国石油化工 (SINOPEC、600028 CH)とペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)がいずれも2%を超える値下がり。西部証券(002673 CH)も安 く、証券株の下げを主導した。

上海総合指数は前日比0.6%安の4375.76で引けた。同指数は前日ま での3日間で6.8%上げていた。CSI300指数も前日比0.6%安。小型 株の指標である創業板(チャイネクスト)指数は1.8%安と前日の過去 最高値から反落した。

香港上場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が前日比0.8%安で終了。ハンセン指数は同0.6%下落。

スタンダードチャータードのストラテジスト、オードリー・ゴー氏 (シンガポール在勤)は、「これは大幅反発の後に通常見られる利食い 売りの一環だ」と指摘。「経済の勢いは非常に弱い。株式市場は恐らく 政府がこれまで講じた施策で景気が改善するかどうかを見極めるだろ う。仮にそうならなかった場合、当局は追加緩和に踏み切るだろう」と コメントした。

原題:China’s Stocks Halt Three-Day Rally as Investment Growth Slows(抜粋) Hong Kong Stocks Slide as China Resources Land, HKEx Decline(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE