グノシー:米メディアとの提携模索、バズフィードのような企業を想定

ニュースや動画といったネット上の情報を収 集するアプリを提供するGunosy(グノシー、東京都港区)は、米 国のメディア企業との提携を柱にユーザー獲得に乗り出す方針だ。同社 の福島良典最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

提携先の一例としては「バズフィードのようなメディアがふさわし い」と、福島氏(27)は4月28日のインタビューで語った。「単独で数 億人の月間アクティブユーザー(MAU)を獲得するには、数百億円の コストがかかる」とした上で、「強いメディアと提携していくことを考 えている」と述べた。バズフィードはフェイスブックなどと連携して情 報を収集・拡散させるメディア。

4月28日に上場を果たしたグノシー。今後3年で、アプリの国内ダ ウンロード数を現在の900万から5000万まで拡大させる野心的な目標を 立てている。英語版アプリを昨年、市場投入している同社は同期間中 に、メディアとの提携や投資などを通じて、海外を含めた総ダウンロー ド数を5億まで拡大させたいとしている。ただ、いかなるメディアとも まだ正式に接触していないという。

「人がインターネットに費やす時間は長くなった。サービスを提供 する側では、その時間を取り合う競争がある」と福島氏。グノシーがニ ュース・アプリという機能にとどまらず、ポータルサイトのようなユー ザーの接触頻度を高めるアプリに進化させたいと、福島氏は語った。

グノシーのアプリは、ニュースなどの情報をアルゴリズムでネット 上からユーザーの好みで選び、スマートフォンやタブレット端末で一日 数回提供する。漫画やテレビの動画も鑑賞でき、3月には旅行予約機能 を搭載した。同社は広告のほかマーケティング関連サービスで収益を上 げている。

先月発表した決算短信によると、同社は今期(2015年5月期)の純 利益を500万円、売上高を30億円と予想している。株価は公開価格 の1520円に比べ約26%上昇し、15日の終値は1910円。